ノンワイヤーブラの落とし穴メリット&デメリット|使い方を紹介

ノンワイヤーブラの落とし穴 下着

こんにちは!ゆーかりの肩@yukanokata)です!

ノンワイヤーブラって痛くなくて楽でいいですよね

楽なのでノンワイヤーブラしか使ってません!

そんな方もいるのではないでしょうか?

美容的観点からいうと、毎日使うのはおすすめしません…
ワイヤー入りと比べると、支える力がどうしても弱くなってしますので、バストの下垂が進んでしまう可能性も…

メインはワイヤー入りを、サブでノンワイヤーブラを使うのがおすすめです

ノンワイヤーブラのメリットとデメリットを紹介します

スポンサーリンク

ノンワイヤーブラのメリット

着け心地が楽

ブラを着けていることを忘れるくらい楽なノンワイヤーブラ
締め付け感がなくてストレスを感じることなく過ごすことができます

ワイヤーがないので痛くない

名前の通りワイヤーが入っていないので、食い込むことがありません
痛くなることがなく長時間付けても楽ちんです

ノンワイヤーブラのデメリット

支える力が弱い

ワイヤーがない分楽ですが、ワイヤーブラに比べて支える力が弱くずれ易いです
胸が垂れるのが早くなってしまう可能性があるので
綺麗なバストを保ちたい方は、ノンワイヤーブラを毎日使うことはおすすめしません

ノンワイヤーブラで胸が垂れるのが早くなる理由

バストはクーパー靭帯といわれる組織でで支えられています
クーパー靭帯は一度伸びてしまうと元に戻ることはありません

重力からバストを守ってあげると、クーパー靭帯が伸びることを遅らせ、すなわち胸が垂れることを遅らせることができます

防止策の一つがブラを正しくつけること

ノンワイヤーブラはとても着け心地が楽で便利ですが支える力が弱いです
その分クーパー靭帯に負担がかかるので胸が垂れるのが早くなるということです

ノンワイヤーブラはサブで使おう

ワイヤー入りに比べると支える力が弱いノンワイヤーブラ

着け心地は楽ですが時間がたつとどうしてもずれてきたり、ワイヤー入りに比べてしっかり支えることができません

  • リラックスしたいとき
  • 運動などで動くとき

そんなときに使うのをおすすめします

何よりも正しいサイズを知ることが大事

間違ったサイズを着けていると
身体のライン胸の形が崩れやすくなります
バストの形をきれいに保ちたい方は定期的な採寸、新しく購入するときは試着をしましょう

ワコールの3D測定で人と接触せずににサイズを測ることができます
その時の体験レポはこちら☟

まとめ

綺麗なバストを保ちたい!
下垂を少しでも遅らせたい
そんな方はノンワイヤーブラはサブで使いましょう

リラックスしたいときや運動などで激しく動くときに使うのがおすすめ

ただワイヤー入りブラをつけるだけではなく、正しいサイズを正しく着用することが大切です
間違ったサイズを着けていると、シルエットが崩れたり、下垂が進んでしまう可能性があります

定期的な採寸購入時の試着そして下着専門店でのフィッテイングをすることで、正しいサイズや自分に合うブラジャーを探すことができます

サイズが分かったら付け方もおさらいしておきましょう

それではっ

タイトルとURLをコピーしました