今更聞けない!ブラジャーの正しい付け方知ってる?正しくつけるメリットを簡単に解説

下着
スポンサーリンク

こんにちは!ゆーかりの肩@yukanokata)です!

正しくブラをつけていますか?

下着屋さんで働き始めたのですが、実はブラジャーって奥が深い

「毎日着ているのだから心配ないでしょ」「正しい付け方って言われると自信ないかも」

なんて思った方多いと思います

間違った付け方をしていると

実は自分に合っているブラを着れていなかったり、お肌を傷つけてしまっていたり

胸が垂れてしまう原因にもなります

多くの方が実際のサイズより小さいブラを間違って着ていることが多いんです

正しいブラの付け方を知ってきれいなバストをキープしましょう!

ブラジャーを付け始める10代の方にも

すべての女性の方に知っていて損はないのでぜひ見てください

スポンサーリンク

正しい付け方

  1. ストラップを肩に通して後ろでホックを留める
  2. 前かがみになって背中からお肉を寄せて胸にもっていく
  3. ストラップを持ちながら姿勢を起こす
  4. ストラップを調節する
  5. 反対の胸も同様に収める

ポイントはしっかり背中からお肉を寄せることです

お胸は背中に流れてしまいがちなので着用の度にしっかりブラジャーに収めましょう

一つずつ詳しく解説していきます

ストラップを肩に通して後ろでホックを留める

ストラップを肩に通さず前でホックを留めてから後ろに回している方はいませんか?

手を後ろに回さなくて楽ですがNGな付け方です

ブラを回して付けるとワイヤーとお胸のラインがずれたり、お肌を傷つける原因にもなります

ワイヤーとお胸がずれているとワイヤーが胸に食い込み痛みの原因になったり、血行が悪くなったりするのでやめましょう

前かがみになって背中からお肉を寄せて胸にもっていく

お胸は背中に流れがちなんです!

背中のお肉ではなくてお胸が背中に流れてしまっているだけかも

ブラジャーを着用する際にしっかり背中からお胸へ寄せていきましょう

それだけで今着ているブラジャーのサイズが変わってしまう方もいるので下着屋さんへ行って新しいブラを購入しましょう

ストラップを持ちながら姿勢を起こす

ブラジャーのカップにしっかりお胸を納めたら、収めたお胸を逃がさないようにストラップを調節しましょう

お胸を逃さないように前かがみのまま調節するのもいいですが姿勢が違うのできつくなりがちなので注意です

ストラップを調節する

状態を起こすときに持ちながら背中に回して調節するのがいいのですが、一人ではなかなか難しいので

ブラを付ける前にストラップをきつめにしておくと、調節がしやすいのでおすすめです

正しくブラを付けるメリット

正しい付け方をすると

  • バストをきれいに保つことができる
  • シルエットをきれいにすることができる
  • ブラの機能を確実に働かせることができるので、胸の下垂を遅らせることができる

正しくつけてみると今持っているブラが合っていなかったりする方も出てくると思います

下着屋さんへ行って試着してみることをおすすめします

スタッフに相談するとより自分にあうブラを探せると思います

正しいブラを付けてきれいなバストをキープしましょう

それではっ

タイトルとURLをコピーしました